第91回東京レザーフェア 【極めのいち素材】

イマジネーションと技術が織りなす、各社渾身の一点を提案。

素材(皮革と布帛)・副資材(機能性素材やパーツ)で構成します。

 

【※来場者より人気投票を行いました。人気投票上位3点をご紹介します】

 

senda

 

タイトル  凸凸ラッセル凹凹

トレンドで続いているダブルラッセルに、特殊なキルトを施しました。
もともと表情のある生地ですが、凹凸感をプラスし、さらに面白い見た目に仕上げました。
リュックの背当てなど脇役になりがちな素材ですが、今回はダブルラッセルが主役です。

 

 

 

kojima

タイトル  オイルポニー

名前の通りオイル仕上げの馬革です。
深みのある色の濃淡と、優しいタッチ感が際立つ素材になっています。
馬革独特の軽さと繊維のキメ細かさを、是非直接触れてお確かめ下さい。

 

 

kobe

 

タイトル  力を入れたニードルパンチ

2つの異なるチェック素材を、ニードルパンチで1枚に。
なんとも言えない素敵な色味と、表裏の異なる表情、切りっぱなしでも解れが出ない素材感が特徴です。
ブーツ筒にも1枚で使えるイチ押し素材。

 

 

 

 

その他出展社の極めのいち素材はこちらからご覧ください