一世紀を経てなお息づく 天然毛へのこだわりと、 飽くなき探究心。

  

カナヤブラシ産業株式会社

小売対応可 / 海外商品取扱い

カナヤブラシ産業株式会社

3つの強み

  • STRONG01

    大正時代の創業から
    1世紀以上に渡って
    天然毛にこだわり続けた歴史

  • STRONG02

    自社工場にて、
    一つひとつを職人が
    手がけることで保たれる品質

  • STRONG03

    一般消費者に向けて、
    高品質な商品を
    安価で提供する4つの直営店

Theme01

天然毛の持つ価値を伝え続けて一世紀

カナヤブラシ産業(株)の前身である大内刷毛店が東京・浅草にて創業されたのは、大正3年。その後、関東大震災や太平洋戦争などを経て、創業者家族が疎開した京都府「金屋町」の名を冠し、現在に至ります。コストや加工の容易さから、化学繊維製がメインとなった各種ブラシ。それでも同社は、手間のかかる天然毛にこだわり続けています。その理由は、100年以上の歴史の中で、その良さを誰よりも理解しているからこそ。使っていく中で摩耗され、それぞれの用途に馴染んでいくという特長は、化学繊維に再現できるものではありません。

Theme02

使い手に寄り添った世界に一つのブラシを

クライアントのオーダーに対し、毛の種類や長さ、硬さ、持ち手の形状などまで、細かく調整することで、最適な一本を提案する同社の姿勢は、まさに「フルオーダーメイド・ブラシ」と呼ぶに相応しいもの。そのほとんどを、自社工場で、一つひとつ、手仕事で仕上げていくので、小ロットの提供も可能です。さらに、100種を超える自社製品が商品化された今なお、日々、新しい価値を備えた商品が開発されているとのこと。そのこだわりや探究心のすべては、手にした人に「使ってよかった」と感じてもらうためと、代表の大内氏は語気を強めます。

Theme03

創業時の志を現代でも受け継いで

もともと卸売専門だった同社が創業以来、モットーとして掲げてきたのが「堅実低価」という考え方です。その精神を受け継ぎ、より高品質なブラシを、より身近で手軽な存在に、という思いから、平成10年に小売り専門店「かなや刷子」をオープン。天然毛の上質な使い心地を体感したうえで購入できると、外国人観光客を含めて、好評を博しています。現在では、浅草に二店舗、合羽橋と鎌倉に一店舗ずつの計四店舗にまで拡大。直営店だからこそ叶う「堅実低価」を実現し、多くの消費者に選ばれています。

PICK UP

天然毛を使用した「馬毛歯ブラシ」

季節を問わず人気の「毛玉取りブラシ」

手仕事の良さが際立つ「手植え靴ブラシ」

INFORMATION

カナヤブラシ産業株式会社

住所 〒111-0024
東京都台東区今戸2-8-8
TEL 03-3875-1226 
FAX 03-3876-0427
代表 大内秀雄 (担当 : 富澤幸一 )
主な取扱い品目 刷毛、ブラシ、研磨用品(研磨剤、ロール・ベルト)他
販売単位 1コ〜

最新情報

最新記事がありません。