極めのいち素材 [7F]

各社の素材づくりに対する情熱でつくりあげられた “渾身の一点”を展示。今回も恒例の人気投票を行います。
激励の一票をお願い致します。

 

100回特別サイトはこちらから

 

《第100回上位入賞社》

1位:富田興業㈱

タイトル:武州中島紺屋の藍染カーフレザー

天保8年創業の老舗紺屋で染め上げたメイドインジャパンの藍染カーフレザーです。
北海道産のカーフ原皮、徳島産の藍を原料に使い、伝統工芸士・新島大吾の手により1枚ずつ藍ガメで丁寧に染め重ねていくことで、ジャパンブルーと呼ばれる独特の藍色が現れます。

 

 

 

2位:㈱協進エル

タイトル:グアンティ

もともとは手袋用として開発され、創業の川西地区(現在は龍野地区)の時から30年以上変わらない製法でつくり続けられています。ジャージー牛特有の柔らかさによって手に馴染みやすく、革小物用としても多く使われています

 

 

3位:坂本商店(兵庫県皮革産業協同組合連合会)

タイトル:黒桟革「極」ジュエルグリーン

緑色は誰もが好きな色だとは思いますが、皆さんはどんな緑がお好きでしょうか?鞣しでシボとムラを起こした後、やや深めの緑に染色、さらに本漆で艶めきを加え、宝石の緑(ジュエルグリーン)に仕上げました。靴や鞄などの差し色に使えばオシャレの幅が広がります。