世界中から集めた 可能性のかけらを積み重ね、 到達したモノづくりの極地。

  

株式会社チカオ

小売対応可 / 海外商品取扱い / 海外メーカー代理店

株式会社チカオ

3つの強み

  • STRONG01

    黎明期から海外に
    目を向けることで生まれた、
    圧倒的なラインナップ

  • STRONG02

    世界各国の展示会を
    くまなく巡る中で培われていく、
    最先端の技術力

  • STRONG03

    海外メーカーの
    ノウハウが蓄積された、
    国内でも有数の製品開発力

Theme01

海外をめぐり、日本初を探し求める

(株)チカオは、現在の代表である宮崎親夫氏が、昭和59年に設立した総合靴資材企業。創業当時、すでに同業となる靴に関わる資材を扱う会社が、数多く存在していました。そこで、他社との差別化を目的に、海外素材に着目。アジアや欧州諸国をめぐり、まだ日本に存在しない素材を仕入れていきます。また、環境問題に対しても意識的に取り組み、再生資源として注目を集めるコルクシートを90年代から扱うなど、先駆け的な存在として、時代のニーズに応えてきました。現在では「エコライフ事業部」を立ち上げ、よりエコロジカルな素材開発に注力しています。

Theme02

機会を逃さず、どこよりも、早く

注目したいのは、自社製品と輸入品から成る、豊富な商品ラインナップ。これは世界中の展示会に足しげく通い、徹底的なリサーチを行うことでうまれたものになります。もちろん、すべての会場で新たな発見があるわけではありません。しかし、最先端の靴資材は、開発力と競争力を有する海外から生まれることが多く、それらをいち早く国内へと仕入れるには、欠かせない行程になっています。そういった時間と労力を惜しまない姿勢を貫いた結果として、市場に類似品が出回った時でも、常に「次の一手」を持ち続けられるのです。

Theme03

「これがいい」を与え、選ばれる企業へ

仕入れと並行して、オリジナル製品の開発にも余念がありません。いつの時代も、世界の最先端技術が詰まった製品を見てきた同社。そのノウハウを、自社製品に活かしていきます。技術の向上や物流の改善により、これまではコスト的な問題などで製品化に至らなかったものまでが、実現可能になった昨今。「これしかないから」ではなく、「これがいいから」。顧客に対し、さまざまな選択肢を与えられる存在として、これまで以上に「選ばれる企業」として成長を遂げていきます。

PICK UP

世界中の最先端がそろう「インソール」

日本のあけとして仕入れた「コルク材」

カジュアルもエレガントも網羅する「底材」

INFORMATION

株式会社チカオ

住所 〒111-0032
東京都台東区浅草7-9-5
TEL 03-3874-2111
FAX 03-3874-2114
代表 宮崎親夫 (担当 :宮崎親一)
主な取扱い品目 雑材、合成底、副資材(コンフォート素材、本底、中底)
販売単位 1足〜

最新情報

最新記事がありません。