革を化学する者たちが 研究から見出すのは、素材の真価と、安全性。

  

一般財団法人 日本皮革研究所

一般財団法人 日本皮革研究所

3つの強み

  • STRONG01

    皮革研究の先駆者であり、
    あらゆる研究データを
    蓄積した歴史

  • STRONG02

    各国の規格を
    クリアするための検査と
    分析が行える研究機関

  • STRONG03

    革の化学者として、
    業界の発展に貢献する
    パートナーシップ

Theme01

化学の分野から業界に貢献

(一財)日本皮革研究所の設立は、昭和13年。そこから皮革に関わるあらゆる研究や検査、試験を通して、業界の発展と消費者の生活に貢献してきました。また、コラーゲンにおいても、その権威性は揺るぎないもの。コラーゲンを水に溶かすことに成功し、広く応用されるための基礎を築きました。現在、皮革分野を専門とする研究機関は、日本では三箇所のみ。第三者機関として客観的に分析しながら、専門的な見地からトラブルの原因究明や、改善に向けたアドバイスなどを行い、各種メーカーや卸業のビジネスサポートに従事しています。

Theme02

客観的事実と研究者としての知見

同研究所で可能なのは、強度や色落ち、防水性、安全性、革の種類の判別といった、多角的な分析。日本エコレザー基準認定に必要となる14項目が網羅されているだけでなく、より厳格なヨーロッパの規格に適合しているかどうかまで検査できます。また、物性の客観的な評価に加えて、近年、重要視されている有害物質の有無なども、細かくチェック。それらを可能にしているのが、最新鋭の設備と、高い専門性を持った研究員たちです。頻繁に更新される海外の規格を学び、その対応方法に精通するために、日々取り組んでいます。

Theme03

生活に寄り添う革をともにつくるパートナー

中立的な立場から調査、分析、報告を行うその姿勢は、一見ドライにも見えますが、そうではありません。同研究所が目指すのは、つくり手に寄り添うパートナーとして、よりよい革づくりのサポートをすること。その実現に向けて、講習会などを開催し、調査結果や研究結果の公表も行います。市場に出る製品に使われる素材が、安全であるという証明は、消費者の信頼獲得に直結するもの。日本の皮革産業が発展を続け、世界的に評価されるものであるために、これからも大きな役割を担っていきます。

PICK UP

1世紀近く前のデータも残る「研究資料」

発見された「6価クロム発生抑制剤」

発見された「6価クロム発生抑制剤」

INFORMATION

一般財団法人 日本皮革研究所

住所 〒302-0017
茨城県取手市桑原520-11
TEL 0297-71-3020
FAX 0297-71-3021
代表 河村桂作(担当 :大形公紀)
主な取扱い品目 皮革試験
販売単位 1枚・1項目〜
住所テスト 〒111-0032
東京都台東区今戸1-3-12 トミタビル
TEL 03-3876-2771
FAX 03-3876-2774
代表 一般財団法人 日本皮革研究所
主な取扱い品目 天然皮革(牛革、ヤギ革、羊革、豚革、馬革、その他)
用途別比 靴45%/バッグ・革小物45%/ショップインテリア・家具10%
販売単位 dm2(商品によってミニマムロットあり)/パネル型中間製品も可

最新情報

最新記事がありません。