どこまでも深みを追求した こだわりの表現。 その評価は海をも超える。

  

有限会社松本企画事務所

小売対応可

有限会社松本企画事務所

3つの強み

  • STRONG01

    大手アパレルブランドにて、
    数々のヒット商品を
    手がけた企画力

  • STRONG02

    手仕事による繊細な着彩と、
    細かいメモを残すことで
    叶う再現性

  • STRONG03

    加工による
    付加価値を与えて、
    売れる素材へと変換させる提案力

Theme01

「僻地」から、海を越えて、世界へ

三重県名張市。東京はもちろんながら、大阪からも遠く離れたこの地で、平成5年に創業したのが、(有)松本企画事務所です。自宅を増築してつくられたオフィスは決して大きいものではありませんが、その事業内容はとても大規模。創業から約10年間は、国内大手アパレルメーカーの靴やバッグに関する製造企画に携わり、その後、現在にいたるまでは、革の加工と販売をメインに行っています。その両方において取引を行っているのは、ビッグブランドばかり。世界的に高い評価を受けていることが分かります。

Theme02

独自の技法に、再現性をプラス

同社の商品が選ばれ続けている理由のひとつが、独自の着彩技術です。スクリーンプリントや型押しされた素材に、代表の松本氏とスタッフが相談をしながら、色の調合や配色、着色を行います。手作業ならではの繊細さを感じさせるその仕上がりは、もはや芸術の域。一色だけで使うことはなく、必ず複数の色を混ぜ合わせて、深みを表現していきます。さらに目を見張るべきは、商品サンプルの横に添えられたメモ書き。顔料の調合や使用した筆、どれくらいの強さで塗るかなどが、細かく記載されています。一つひとつの製品にこのメモ書きがあることで、何年前に色付けしたものでも、完璧な再現が可能となっています。

Theme03

時間と手間を惜しまず、品質にこだわる

芸術品と称されるまでの加工技術。それは、少しの手間も惜しまない姿勢からうまれました。機械では表現できないハンドメイドクオリティへのこだわり。その噂は広まり、テレビなどのメディアの取材依頼や、服飾系の専門学校で使う教科書への掲載依頼が集まったほどでした。最近では、自社で加工を施した素材を使ったオリジナル製品の販売や、タンナーから寄せられる相談に、加工による解決法を提案するなど、さまざまな方法で、業界全体に影響を与え続けています。

PICK UP

自ら編み出した「着彩技法」

無限の可能性を持つ「加工品」

技が光る「スクリーンプリント」

INFORMATION

有限会社松本企画事務所

住所 〒518-0617
三重県名張市美旗町中1番235-23
TEL 0595-65-1048
FAX 0595-65-1072
代表 松本和彦 (担当 :松本崇)
主な取扱い品目 天然皮革(牛革、豚革、その他)、人工皮革、雑材
販売単位 相談の上決定

最新情報

最新記事がありません。