科学で品質を担保。 そこにデザインを付加して、 世界三位の地位を確立する。

  

ミドリオートレザー株式会社

小売対応可

ミドリオートレザー株式会社

3つの強み

  • STRONG01

    高機能な生産部門と、
    自動車用皮革の
    先駆者として築いたポジション

  • STRONG02

    研究によって
    たどり着いた、経験値や
    感覚に頼らない品質の数値化

  • STRONG03

    自社内でデザイン
    までを手がけることで
    提供する、高い顧客満足度

Theme01

一歩ずつ足元を固め世界有数の企業へ

安全靴や作業靴、医療機器など、さまざまな製品を手がけるミドリ安全(株)。その製品に用いる革の調達を内製化するべく誕生したのが、ミドリオートレザー(株)です。特に自動車に用いる革においては、そのシェア、なんと世界三位。グローバルプレーヤーとしての地位を不動のものとし、その存在感を発揮しています。また、世界中に点在する自社工場では、塗装や裁断、加飾までのワンストップ体制を確立。自動車のシートやステアリングといったパーツ用レザーを供給し、また国内では家具メーカーなどで重宝される丸革の納品も行っています。

Theme02

工業製品としての革で安心と快適性を担う

同社のクライアントは、最新技術や人間工学をもとに商品をつくり出す、自動車や家具のメーカーがほとんど。そこで生まれたのが「天然素材を科学する」というコンセプトです。職人たちの感覚や経験値に頼らず、皮革が持つ性質をすべてデータ化することで、絶対的な安心・安全をつくり出す。その実現にむけて、自社内に研究部門を設立し、上質で、物性的にも担保された革の開発に努めています。また、製造工程においても、できるかぎり属人化を脱却し、社名にある「オート」メーション化を進めています。

Theme03

「デザイン」という性能も忘れない

ハイスペックな生産機能だけでなく、革に施すデザインの担当部署を、社内に擁しているのも同社の強み。自動車のシートやソファ、ダイニング椅子などの家具に張られるレザーに華を添える加飾など、意匠にかかわる部分も、専門のデザイナー陣が、責任を持って携わります。外見となる表層的なデザインは、革の品質とは別の領域。しかし、車や家具を選ぶ際に「デザイン性が高い」というのも、必要不可欠な要素です。革という素材に特化し、研鑽を重ねる職人たちが、「見た目」という側面からも、消費者の満足度を高めていきます。

PICK UP

国内トップシェアを誇る「家具用皮革」

一貫生産体制と在庫からなる「自社工場」

提案に溢れる「プレゼンテーションルーム」

INFORMATION

ミドリオートレザー株式会社

住所 〒150-8455
東京都渋谷区広尾5-4-3ミドリ安全本社ビル4F
TEL 03-3442-2349
FAX 03-3442-2369
代表 松村不二夫(担当:佐々木邦彦)
主な取扱い品目 天然皮革(牛革)、合成皮革
用途別比 自動車85%/家具12%/ランドセル他3%
販売単位 丸革3枚〜(家具用の場合)

最新情報

最新記事がありません。