オーダーの本質を見極め あるべき姿の商品を、 顧客とともにつくり出す。

  

ミツワ産業株式会社

海外商品取扱い / 海外メーカー代理店

ミツワ産業株式会社

3つの強み

  • STRONG01

    国産中心の靴用レザーの
    卸販売と、底材の
    自社製造という2軸の事業展開

  • STRONG02

    クライアントからの
    オーダーの本質部分を
    抽出して革を選定する提案力

  • STRONG03

    自社工場の一貫体制で、
    国内トップクラスの製造数と
    品質を有する底材

Theme01

協業で、革を。自社にて、底材を

ミツワ産業(株)が、皮革販売業として創業したのは昭和6年。現在では天然皮革の販売に、底材の製造を加えた二つの事業を展開しています。同社で扱う革の八割以上は国産のもの。姫路や和歌山、そして都内に位置する、複数のタンナーとの協業体制を確立し、オーダーに適した商品を提供していきます。また底材の製造においては、完全自社生産体制を構築。その製造数は年間約60万足に及び、すべての工程をワンストップで行うことでうみ出される高い品質で、多くのシューメーカーから信頼を得ています。

Theme02

先を見据え、実直に。本質を追い求めて

クライアントからのオーダーの本質を、徹底的に探求する姿勢も、同社の強みのひとつ。サンプル品だけを見て最適な革を選ぶのではなく、常にその先を見据えた提案を行います。例えば、量産体制に入った際に、試作品と同じ品質を実現できるか。また、企画段階と生産段階での誤差をどこまで許容範囲内と見るのか。さらに、消費者の手元に届いた後も、長く、快適に使ってもらえるか。それらすべてを考慮しながら、お客様やタンナーと実直な取引を行い、よりよい革を供給できるよう、努めています。

Theme03

意匠も、機能も。一貫体制で叶えていく

底材の製造においては、国内トップクラスの規模を誇る同社。工場をまたいだ分業制が増える中、企画から完成まで、ワンストップで担います。現場では、多様なデザインや素材に対応するため、機械化が難しく、人の手による作業が必要不可欠。さらに、製品の意匠にも大きく影響する部分なので、美しさにもこだわらなければいけません。そこで同社では、自社工場に多くの職人を抱え、それぞれに優れた技を発揮できる体制を構築。高いデザイン性に加え、柔らかくて軽量、雨や雪の路面でも滑りにくいという機能性を有したオリジナル商品が特に高い評価を得ています。

PICK UP

極寒でも固くならず、滑りにくい「底材」

フッ素を使用しない防水レザー「ナディア」

毛艶があの伊産スエード「PEACH」

INFORMATION

ミツワ産業株式会社

住所 〒111-0032
東京都台東区浅草6-2-3 ACNJビル4F
TEL 03-3874-4176
FAX 03-3874-0262
代表 西谷明彦 (担当 : 林純平)
主な取扱い品目 天然皮革(牛革、ヤギ革、羊革)、雑材、合成底、中底、スタックヒール
用途別比 靴90%/バッグ・かばん10%
販売単位 5枚〜

最新情報

最新記事がありません。